ドッグフードの選び方

コスパ最強なドッグフードはどれ?安全度別ランキング!

2018年11月7日

コスパ最強なドッグフードはどれ?安全度別ランキング!

ドッグフードを選ぶ際にどうしても気になってしまうのがコスパですよね。

そこで、このページでは、当サイトで評価したドッグフードを「1kgあたりの価格が安い順」にランキングにまとめてみました!

  1. 品質も重視してドッグーフードを選びたい人 (品質も重視)
  2. そこそこ品質が良くてコスパの良いドッグフードを探している人(そこそこ)
  3. とにかく安いドッグフードを選びたい人 (激安)

と、安全度別にご紹介していきますのでドッグフード選びの参考にしてくださいね♪

※このページで紹介しているのは、あくまでも「おすすめ度」ではなく、「コスパ重視」のランキングです。

おすすめ度順のランキングを知りたい方はこちらの記事をご覧ください☟
おすすめ度順のドッグフードランキング

品質も重視したい人向けフード(品質も重視)

品質も重視したい人向けフード(品質も重視)

品質も重視してドッグフードを選びたい方には、当サイトでAランク(ヒューマングレードで安心して与えられる)のドッグフードがおすすめです。

早速、コストの安い順ランキングを見ていきましょう!

1位.アーテミス(中・大型犬用)

アーテミス

最安値:4,042円/3kg(アマゾン)
1kgあたりの価格:1,347円

ヒューマングレードでコスパ良し

ヒューマングレードの主原料を使用していて、コスパが一番良いのが「アーテミス」です!

ネットでも、なかなか口コミ・評判が良いドッグフードです。

複数タンパク源

当サイトで評価した、「アーテミスフレッシュミックス」は複数の肉や穀類を使用しているため、特定の肉にアレルギーをお持ちのワンちゃんには向いていません。

アレルギーが心配な場合は、たんぱく源を絞った、グレインフリーの「オソピュア」というラインナップがありますので、そちらを選びましょう!

2位.アカナドッグフード

アカナドッグフード

最安値:3,320円/2kg(アマゾン)
1kgあたりの価格:1,660円

肉の含有量はピカイチ

2位にランクインしたのがアカナドッグフード。

やや高めの部類に入ると思っていたので、意外でした(笑)

アカナドッグフードは、肉の含有量が、数あるドッグフードの中でもトップクラス!

ドッグフードをこだわって選びたい方にピッタリです。

アレルギー持ちでも安心

グレインフリーですので、穀物アレルギーのワンちゃんにも安心して与えられます!

フィッシュやラム肉など「動物性たんぱく質」のアレルギーに対応できるラインナップもありますので、愛犬の体質に合わせて選びやすいでしょう。

3位.ナチュラルバランス

ナチュラルバランス

最安値:1,750円/1kg(公式サイト)
1kgあたりの価格:1,750円

品質良し

ナチュラルバランスは、主原料の肉はもちろん、「ミール」も人間が食べられる品質です!

安心して与えることができるでしょう。

穀類の使用は多め

アレルギーに関しては配慮されており、小麦を使用していない「グルテンフリー」となっています。

しかし、穀類の使用量はやや多めなので、気になる方は避けておきましょう。

4位以下

商品名 内容量 (kg) アマゾン価格
(税込)
公式サイト価格
(税込)
最安値 1kgあたりの単価 備考
プリモ 1kg 1,789円 1,790円 1,789円 1,789円
カナガン 2kg 4,968円 3,849円 3,849円 1,925円 ※定期コース
ナチュラルドックフード 2kg 4,968円 3,849円 3,849円 1,925円 ※定期コース
グリーンフィッシュ 2kg - 4,082円 4,082円 2,041円
モグワン 1.8kg 4,960円 3,849円 3,849円 2,138円 ※定期コース
ロータス 1kg 2,480円 2,592円 2,480円 2,480円
オリジンドッグフード 2kg 5,184円 6,480円 5,184円 2,592円
プレイアーデン 1kg 2,592円 2,592円 2,592円 2,592円
馬肉自然づくり 1kg - 2,916円 2,916円 2,916円 ※定期コース
ナチュロル 1.7kg - 5,378円 5,378円 3,164円 ※定期コース
Dr.ケアワン 0.8kg - 2,916円 2,916円 3,645円 ※定期コース
いぬはぐ 1.5kg - 6,458円 6,458円 4,306円 ※定期コース
ジウィピーク 1kg 9,993円 - 9,993円 9,993円
ブッチ 2kg - 2,527円 2,527円 1,264円 ※ウエットタイプなのでランキングからは除外

選ぶ際のポイント

プレミアムフードの場合、「定期便制度」を取り入れているドッグフードが多い傾向にあります!

定期便は、通常価格よりも安く買える、注文する手間がないというメリットがあります。

最近は、「何回以上購入しなければならない」というような回数縛りがないものが多いので、購入の際は、公式サイトをチェックすると良いですね。

お試しキャンペーンを行っている場合もありますので、お得に「試供品」や「商品」の購入が出来る可能性がありますよ!

品質はそこそこよければ良い人向けフード(そこそこ)

品質はそこそこよければ良い人向けフード(そこそこ)

品質がそこそこ良くて、コスパもおさえたい方は当サイトでBランク(肉や魚が主原料のドッグフード)がおすすめです。

この段落で紹介しているドッグフードは、主原料は犬にとって好ましい「肉」や「魚」ですが、品質が不明なドッグフードです。

「安全・安心なヒューマングレードの品質が良い!」という方は「品質も重視したい人」の中から選んでくださいね!

1位.カークランド

カークランド

最安値:2,808円/12kg(コストコ問い合わせ価格)
1kgあたりの価格:234円

コスパ最強

当サイトで評価したドッグフードの中でも、とにかくコスパ最強なのが「カークランド」です。

主原料は肉ですし、危険な添加物の使用もありません。

大容量

量が非常に多いです!

大型犬や多頭飼いの方にはおすすめできますが、1匹しか飼っていない方には扱いづらいかもしれませんね。

愛犬に、常に新鮮なドッグフードを与えたいと考える方は、違うドッグフードを視野に入れましょう。

2位.ピュリナワン

ピュリナワン

最安値:1,055円/2.1kg(アマゾン)
1kgあたりの価格:502円

価格の割に頑張っている

ピュリナワンは、1kgあたりの価格が502円と激安なのに、肉が主原料で、「価格の割には頑張ってくれているな~」という印象のドッグフードです。

ピュリナワンの特徴であるこだわりの「粒」は、口コミでも評価が高く、期待できます。

アレルギーを起こしやすい原料が多い

しかし、アレルギーを起こしやすい原料や、不安な原料の使用がある点が残念です。

主原料以外の原料にもこだわってくれればバッチリだったのですが、惜しいですね。

3位.ウェルケア

ウェルケア

最安値:783円/1.5kg(アマゾン)
1kgあたりの価格:522円

合成添加物の使用がなく安心

酸化防止剤や保存料を使用していないので、安心して愛犬に与えることが出来ます。

種類が豊富

ウェルケアは全16種類と、犬種別のラインナップが非常に豊富です。

他のドッグフードに比べて、特に突出して良い点は見当たりませんが、「肉が主原料で、犬種別のフードを探している方」には向いているでしょう。

4位以下

商品名 内容量 (kg) アマゾン価格
(税込)
公式サイト価格
(税込)
最安値 1kgあたりの単価 備考
ソリッドゴールド 1.8kg 2,023円 2,822円 2,023円 1,124円
ピュリナプロプラン 2.5kg 2,985円 3,510円 2,985円 1,194円 ※定期コース
ユーカヌバ 2.7kg 3,240円 - 3,240円 1,200円 ※楽天価格
ニュートロ シュプレモ 2kg 2,829円 - 2,829円 1,415円
ウェルネス 2.7kg 4,158円 - 4,158円 1,540円
ニュートロ ナチュラルチョイス 0.8kg 1,361円 - 1,361円 1,701円
セレクトバランス(ラム) 1kg 1,782円 - 1,782円 1,782円
ナチュラルハーベスト(ターキー) 1.59kg 2,916円 2,916円 2,916円 1,834円
ネルソンズドッグフード 2kg - 3,849円 3,849円 1,925円
ニュートロ ワイルドレシピ 0.8kg 1,640円 - 1,640円 2,050円
ブルーバッファロー 0.9kg 1,879円 - 1,879円 2,088円
アボダーム 0.8kg 1,695円 - 1,695円 2,119円
ソルビダ 0.9kg 2,160円 2,160円 2,160円 2,400円
ナウフレッシュ 0.454kg 1,166円 1,188円 1,166円 2,568円
リガロ 0.9kg 2,376円 2,376円 2,376円 2,640円
ピナクルドッグフード 0.8kg 2,234円 - 2,234円 2,793円

選ぶ際のポイント

上記でご紹介したフードは、肉や魚が主原料なので、悪いドッグフードではありません。

ですが、もう少し価格を出せば、主原料がヒューマングレード(当サイトでAランク)のドッグフードに手が届きます。

迷っている方は、是非、価格と品質を見比べてみることをオススメします!

とにかく安さ重視な人向けフード(激安)

とにかく安さ重視な人向けフード(激安)

とにかく最強のコスパを求める方のために、当サイトでCランクのドッグフードをランキングにしました。

1位.愛犬元気

愛犬元気

最安値:1,200円/2.3kg(アマゾン)
1kgあたりの価格:522円

価格の安さはダントツ

愛犬元気の1kgあたりの価格はなんと522円!!

品質にこだわらず、とにかく安いドッグフードを探している方は「愛犬元気」が良いでしょう。

着色料の使用あり

しかし、当サイトでは、積極的におすすめはできません。

穀類メインで犬の消化に優しくないですし、原料の品質も全くわかりません。

人間の購買意欲をそそるために使用される「着色料」の使用もあるため、注意が必要です。

2位.アイムス

アイムス

最安値:835円/1.2kg(アマゾン)
1kgあたりの価格:696円

歴史が長いドッグフード

アイムスは1950年代からあるブランドで、ドッグフードブランドとしての歴史が非常に長いです。

リニューアルを繰り返しながら、現在でも発売されていることから、根強い人気が伺えますね。

1kgあたり696円という、超低価格なので、人気があるのも納得ですね。

合成の酸化防止剤を使用

合成の酸化防止剤(BHT・BHA)の使用があります。

発がん性の懸念もあり、不安の残る原料です。

価格は安いですが「品質」や「安全性」は値段相応かもしれません。

3位.スタイルズ

スタイルズ

最安値:871円/1.2kg(アマゾン)
1kgあたりの価格:726円

犬種別・半生タイプ

小型犬に特化したフードで、犬種別になっており、半生タイプなのが特徴です。

価格も1kgあたり726円と超激安です。

合成添加物の使用あり

主原料は肉なのですが、アレルギーを起こしやすい原料の使用や、着色料の使用があるため長期的に愛犬に与えるには不安が残ります。

くれぐれも、様子を見ながら与えましょう。

4位以下

商品名 内容量 (kg) アマゾン価格
(税込)
公式サイト価格
(税込)
最安値 1kgあたりの単価 備考
ビタワンコンボ 0.46kg 391円 - 850円 850円
ファーストチョイス 1.2kg 1,078円 - 1,078円 898円
ペティオ 1kg 900円 1,274円 900円 900円
プロマネージ 0.8kg 738円 - 738円 923円
メディコート アレルゲンカット(魚&お米) 0.5kg 540円 756円 540円 1,080円
ドクターズダイエット 1.8kg 2,468円 - 2,468円 1,371円
ジェーピースタイル 0.9kg 1,285円 - 1,285円 1,428円
ヒルズサイエンス ダイエット 1.6kg 2,452円 - 2,452円 1,533円
プリスクリプション ダイエット 1kg 2,260円 - 2,260円 2,260円
ロイヤルカナン 0.8kg 1,950円 - 1,950円 2,438円

選ぶ際のポイント

上記のフードは、値段は非常に抑えられていますが、穀類が主原料、または合成添加物の使用があり、当サイトとしては、おすすめできないドッグフードです。

穀類が主原料のドッグフードや添加物の使用があるドッグフードを長期に渡って与えていると、愛犬の健康を損ねるおそれもあります。

健康被害の危険性をきちんと理解した上で、納得して購入することをオススメします。

定期的に良いドッグフードをローテーションしてあげて、添加物を長期に渡って摂取させないようにするなどの工夫すると良いでしょう。

フードローテーションのやり方を解説

まとめ

ドッグフード選びには、価格ももちろん重要です。

しかし、愛犬の健康を第一に考え、安心、安全なフードを選んで欲しいなあと思います。

とにかくコスパ!という方は、フードローテーションを取り入れて、愛犬への健康被害のリスクを分散させてあげることをオススメします!

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをA・B・Cの3ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-ドッグフードの選び方

Copyright© ドッグフードのABC , 2019 All Rights Reserved.