ロイヤルカナン

ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」を辛口評価!

2019年2月13日

ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」を辛口評価!

管理人
管理人

ロイヤルカナン「メールケア」は去勢後の雄猫向けに栄養バランスを調整したキャットフードです。

動物病院で手術後にオススメされることも多く、去勢後の猫用プレミアムフードとして人気があります。

この記事では、ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」の特徴や原材料、ネット上での口コミなどをまとめました。

ロイヤルカナン|メールケアの総合評価

ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」を辛口評価!

商品名 ロイヤルカナン|ベッツプラン|メールケア
総合評価

Bランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【キャットフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:肉類(鶏、七面鳥)

その他原料:×米、コーングルテン、超高消化性小麦タンパク、動物性油脂

酸化防止剤:×BHA、没食子酸プロピル

人工添加物:×BHA、没食子酸プロピル

「ロイヤルカナン|ベッツプラン|メールケア」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 フランス
第一原料産地 ヨーロッパ各国
内容量と価格 ・3,672円/2kg
・5,713円/4kg
※税込、Amazon参考
対応年齢 去勢後から7歳くらいまでの雄猫
販売元 ロイヤルカナンジャポン合同会社
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 一覧 プレミアムキャットフード
管理人
管理人

ロイヤルカナン|メールケアの評価はBです。

去勢後の雄猫は、ホルモンバランスが崩れ、太りやすくなってしまいます。

ロイヤルカナン「メールケア」は低エネルギー・低炭水化物、なおかつ高タンパクなので、去勢後の猫が筋肉を落とさず適正な体重を保つように設計されています。

しかし、使われている原料の中にはトウモロコシや小麦といった猫の消化しにくい穀物が多く含まれており、その点は評価できません。

また危険な酸化防止剤BHAが使われていることもマイナスポイントでした。

以上のことからロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」はBランクになりました。

キャットフード一覧表はコチラ

ロイヤルカナン|メールケアの原材料を評価

ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」を辛口評価!

肉類(鶏、七面鳥)、コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、米、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、動物性油脂、チコリー、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

※粒の色、形、大きさ等のばらつきは天然由来の原材料を使用しているために起こるもので、品質に問題はありません。
※輸送、保管時の気温の変動により、油脂成分が粒の表面に溶け出してくることもありますが品質に問題はありません。

参照:ロイヤルカナン公式HP「Vets  Plan|メールケア」

第一主原料は肉類

第一主原料が、肉類であることは肉食動物の猫ちゃんにとって良いことです。

猫ちゃんの健康的な身体を維持するには、植物性タンパク源ではなく、動物性タンパク源が必要なので、肉類がメインのキャットフードが最適ですよ!

メールケアではタンパク質11.2g/100kcalと高く設定されており、去勢後の猫ちゃんの健康的な体作りをサポートしてくれます。

また、肉類の内容が鶏・七面鳥と詳細に書かれていることも評価できますね。

穀物が多く使われている

ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」を辛口評価!

管理人
管理人

残念だったのが肉類の後に続くコーン、小麦、米、コーングルテンといった穀物の多さです。

穀物は肉食動物の猫ちゃんにとっては、消化不良を起こしやすくアレルギーの危険性も高い原材料です。

超高消化性小麦タンパクは消化率90%と、消化しやすく加工されていますが、それ以外の穀物はどうなのでしょうか・・・

猫ちゃんが穀物をたくさん食べると、消化不良で下痢や嘔吐を引き起こすこともあるので、できるだけ使われていないものを選びたいところです。

グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードのおすすめランキング

グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードのおすすめランキング

動物性油脂は気をつけるべき原材料

メールケアには多くの油脂類が使われていますが、その中でも動物性油脂は気をつけるべき原材料の一つです。

「魚油」や「大豆油」は、なにからとった油かということが明確ですが、「動物性油脂」は、どんな動物の、どんな部位からとった脂肪なのかが不明です。

4Dミートと呼ばれる最低ランクの動物からとった脂肪の可能性もありますよ。

このような曖昧な表記の原材料はできるだけ避けたほうが安心です。

フラクトオリゴ糖

ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」を辛口評価!

フラクトオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる食物繊維の一種です。

毎日のスッキリ週間をサポートしてくれるので、便秘の猫ちゃんにもおすすめです。

また、善玉菌が増えることで、便臭を抑える効果もありますよ!

参考:ロイヤルカナン犬と猫の栄養成分辞典「FOS(フラクトオリゴ糖)」

危険な人工酸化防止剤

ロイヤルカナンには危険な人工酸化防止剤「BHA・没食子酸プロピル」が使われています。

特にBHAには発がん性が認められており、猫ちゃんに与えるのは不安に思う飼い主さんも多いと思います。

BHAに関して、ロイヤルカナン側からはこのようなコメントがあります。

ロイヤルカナン製品に使用しているBHAの量を一生食べ続けたとしても健康に影響を及ぼすことはありません。また、摂取したBHAは、犬や猫などの動物では2~4日以内に体外に排出されますので蓄積されることはありません。

参照:ロイヤルカナン公式HP「お客様相談室|ドライフードの原材料・産地について」

蓄積されなければ問題ないとのことですが、猫ちゃんの体質は個体によって様々。

どの猫ちゃんでも100%安全という保証はないので、できるだけ酸化防止剤には天然成分が使われているものを選んだほうが良いでしょう。

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

キャットフードはグレインフリーが良い理由

ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」を辛口評価!

猫は完全肉食動物

管理人
管理人

猫は完全肉食動物です。

猫の身体には穀物類を消化し栄養に変えるための消化酵素が少なく、多くの穀類を与えると負担になってしまいます。

また、猫ちゃんの消化器官は、雑食動物に比べ短く、消化に時間のかかる穀物の消化に適していないのです。

身体の構造的にも、食べ物を擦りつぶすための歯がなく、尖った牙で肉を噛み切ることに葉が発達しているのが特徴です。

参照元:猫の栄養学講座 炭水化物 [猫] All About

アレルギーのリスク

穀物類を上手く消化できない猫が、穀類が多く含まれるキャットフードを長く食べていると「食物アレルギーを発症するリスクが高くなる」といわれています。

その中でもトウモロコシ・小麦が原因になる事が非常に多いです。

残念ながらロイヤルカナン・メールケアで2番目3番目に多い原材料ですよね・・・

穀物にアレルギーのある猫ちゃんにはグレインフリーのフードがおすすめです。

穀物アレルギーの予防だけでなく、猫ちゃんの胃腸への負担も少なくて済みますよ♪

お腹が過敏な猫ちゃんや、消化機能が低下してくるシニア猫ちゃんにも良いでしょう。

おすすめキャットフードのランキング

キャットフードの比較ランキング

メールケアとフィーメールケアの違い

ロイヤルカナン・ベッツプラン「メールケア」を辛口評価!

メールケアの特徴

【原材料】

肉類(鶏、七面鳥)、コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、米、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、動物性油脂、チコリー、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

【成分】

タンパク質44.7g、脂肪11.2g、食物繊維13.1g、灰分9.9g、水分6.1g、炭水化物34.0g
カロリー358kcal/100g

参照:ロイヤルカナン公式HP「Vets  Plan|メールケア」

  • 去勢手術後のオス猫用のフード
  • 高タンパク・低炭水化物・低カロリー
  • 下部尿路の健康維持

フィーメールケアの特徴

【原材料】

肉類(鶏、七面鳥)、コーン、米、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、動物性油脂、ビートパルプ、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

【成分】

タンパク質40.9g、脂肪11.1g、食物繊維12.2g、灰分9.3g、水分6.1g、炭水化物38.5g
カロリー362kcal/100g

参照:ロイヤルカナン公式HP「Vets Plan|フィーメールケア」

  • 避妊手術後のメス猫用フード
  • 下部尿路維持
  • 高タンパク・低カロリー
  • 毛玉サポート

原材料や成分はあまり変わらない

管理人
管理人

「メールケア」「フィーメールケア」を比較してみると、原料や成分はそこまで変わらないということがわかりました。

いずれも去勢・避妊手術後の体重増加に着目し、低カロリー・低炭水化物設計。

カロリーが低くても、筋肉の量を落とさないように高タンパクなフードになっています。

また、猫のなりやすい下部尿路疾患に配慮し、ミネラルのバランスを調整してあります。

あえて違いをあげるのであれば、メールケアの方がより高タンパク低カロリーで、太りにくい設計になっているということですね!

ロイヤルカナン療法食の評判・口コミ

食いつきが良い

ロイヤルカナン|メールケアは食いつきが良いという口コミが多く見られましたよ♪

去勢後はさらに食欲が増すので、しっかりカロリーや栄養バランスを管理してくれるメールケアは重宝しますね。

毛並みが美しくなった

メールケアで毛並みが美しくなったという投稿を見つけました。

身体にしっかり栄養が行き渡っているおかげで、皮膚や被毛が健康的に美しくなるようですよ。

体重管理がしやすい

去勢後も太っていません

2歳ですが1歳未満の頃に去勢手術をした時に獣医さんに薦められて以来ずっとこれです。
体調も毛艶も良く中肉中背でウンチの固さや色もちょうど良いです。
高齢になるまで続けるつもりです。

参照:Amazon公式HPカスタマーレビュー

去勢後の体重管理用に使っているという人が多かったです。

きちんと適正体重をキープできているという意見もありました♪

一度体重が増えてしまうと、猫ちゃんのダイエットは大変なので、若い頃から体重管理ができるのは嬉しいですね!

ダイエットにおすすめのキャットフードランキング

ダイエットにおすすめのキャットフードランキング

まとめ

管理人
管理人

ロイヤルカナン|メールケアは去勢後の猫ちゃんの体重管理に適したキャットフードでした!

口コミを見てみると、食いつきや体重管理に関して、とても評価が高く人気があるようです。

ただし、穀物の使用が多いのでアレルギーのある猫ちゃんには向きません。

そのような猫ちゃんにはグレインフリーのキャットフードを選んであげてくださいね♪

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

-ロイヤルカナン

Copyright© キャットフードのABC , 2019 All Rights Reserved.