Cランク

ミオドライミックスの原材料や口コミ・評判を調査

2019年4月15日

ミオドライミックスの原材料や口コミ・評判を調査

管理人
管理人

ミオドライミックスは価格が安いことで人気の国産キャットフードです。

激安品として通販や量販店、コンビニなどでも購入できる手軽さは良いですが、原材料の質や、実際に使用している人の口コミや評判はどうなのでしょうか?

今回はミオドライミックスの原材料を評価していきます!

ミオドライミックスの総合評価

ミオドライミックスの原材料や口コミ・評判を調査

商品名 ミオドライミックス|かつお味
総合評価

Cランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【キャットフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:×穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)

その他原料:×チキンミール、牛肉粉、動物性油脂

酸化防止剤:ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物

人工添加物:×pH調整剤、着色料(二酸化チタン、食用赤色102号、食用黄色5号、食品青色1号)

「ミオドライミックス|かつお味」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 日本
第一原料産地 不明
内容量と価格 ・396円/1.2kg
※全て税込、アマゾン参考
対応年齢 成猫用(1歳以上)
販売元 日本ペットフード株式会社
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 一覧 国産のキャットフード コスパの良いキャットフード
管理人
管理人

ミオドライミックスの評価はCランクです。

大量の穀物が第一主原料であることと、危険な着色料が使用されていることが低評価の理由です。

また、猫ちゃんに必要な栄養源である動物性タンパク源はミール肉などの粗悪な原材料ばかりでした。

グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントが配合されているのは良いのですが、メイン原料がこれではバランスの良い食事とは言えません。

以上のことから、ミオドライミックスはCランクです。

キャットフードの一覧表はコチラ

ミオドライミックスの原材料・成分をチェック

ミオドライミックスの原材料は?

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂、γ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュパウダー、カツオ粉末、マグロ節粉、小魚粉末)、脱脂大豆、オリゴ糖、野菜類(トマト、ニンジン、ホウレンソウ)、クランベリーパウダー、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、銅、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、pH調整剤、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、着色料(二酸化チタン、食用赤色102号、食用黄色5号、食品青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、グルコサミン、コンドロイチン

参照:日本ペットフード株式会社「ミオドライミックス|かつお味1.2kg」

第一主原料は穀物

第一主原料の穀物類は、消化器官が短い肉食動物の猫ちゃんにとって消化しづらい原材料です。

消化不良を起こしたり、下痢や嘔吐、アレルギーを引き起こす可能性があるので、できれば避けたいところです。

特に、ミオドライミックスに使用されているトウモロコシや小麦は特にアレルゲンになりやすいですよ。

炭水化物の割合が多すぎるので猫ちゃんにとって栄養バランスが良いとは言えませんね。

参考:FarminaPetFoods「犬や猫は肉食動物?」

かつお味なのにチキンがメイン

パッケージには「かつお味」と書いてありますが、実際に原材料を見ると、メインはチキンミールや牛肉粉などの肉類です。

実際には、かつおは粉末でしか使用されていないので、チキンなどにアレルギーのある猫ちゃんには注意が必要です。

かつおと書いてあるからには、かつおを使用してほしい気がしますが、あくまで「かつお」風味ということになりますね(-_-;)

ミール肉は不安な原材料

管理人
管理人

使用されている肉類チキンミール・牛肉粉・豚肉粉のうち、気になるのがミール表記です。

牛肉と豚肉に関しては肉の部分を粉末状にしたものだとわかるのでまだ良いのですが、ミールは肉部分だけではなく人間が食べることのできない部位(クチバシや内蔵などの副産物)が含まれています。

つまり、チキンのどんな部位が混ざっているかが不明なのです。

猫ちゃんにとって最も重要な動物性タンパク源はミール肉ではなく、新鮮な肉の部分を使用したものが良いですよ。

危険な着色料が使われている

ミオドライミックスにはすべてのラインナップに合成着色料が使用されています。

赤色102号や黄色4号、青色1号などの着色料は発がん性が認められている危険な人工添加物です。

しかし、猫ちゃんの目は色の識別ができず、美味しそうと感じるのは視覚ではなく嗅覚なので、着色料は不必要なのです。

粗悪な原材料を使用しているのをごまかし、人間に美味しそうと思わせるためだけに添加されています。

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

pH調整剤とは?

pH調整剤は人間の加工食品にも使用される添加物で、酸化防止のために食品のpHを調整する効果があります。

クエン酸やリン酸、炭酸ナトリウムなどを一括で総称したもので、何がどれだけ添加されているかは不明で、少し不安な原材料ですよね。

キャットフードを選ぶときにはそのような不安がないように人工添加物が使用されていないものを選んだほうが安心でしょう。

正しいキャットフードの選び方

正しいキャットフードの選び方

ミオドライミックスの成分は?

たんぱく質27.0%以上、脂質8.5%以上、粗繊維3.0%以下、灰分9.0%以下、水分10.0%以下、カルシウム0.9%以上、リン0.7%以上、リノール酸0.9%以上、マグネシウム 標準値0.11%

参照:日本ペットフード株式会社「ミオドライミックス|かつお味1.2kg」

脂質が低い

管理人
管理人

成分を見てみると脂質が低く、AAFCOの基準値9%以下でした。

AAFCOとは米国飼料検査官協会の略称で、ペットフードの栄養基準やラベルの表示に関するガイドラインを設定している機関です。

日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、このAAFCOの基準値を採用しています。

脂質は猫ちゃんにとって、美しい毛並みや健康な皮膚を作るために必要な栄養素なので、最低でもこの9%はほしいところですね。

参照:AAFCO2016 年版における犬猫の栄養素プロファイル概要(前編)

タンパク質は控えめ

タンパク質は27%と少し控えめです。

肉食動物の猫ちゃんにとってタンパク質は最も重要な栄養素で、健康な身体を維持するのに大事です。

プレミアムフードは30%以上の高タンパクなものが多いので、それに比べると元気な成猫にとっては物足りないように感じました。

ミオドライミックスの生産者は?

日本ペットフード株式会社

日本初のドックフードを作った会社

管理人
管理人

ミオドライミックスの製造会社は「日本ペットフード株式会社」です。

日本ペットフード株式会社は、日本初の国産ドックフード「ビタワン」を作った会社です。

ビタワンの犬のキャラクターは見たことがある人も多いのではないでしょうか?(^^)

現在はビューティプロやコンボなどの多くのペットフードを手がけています。

ミオドライミックスは1995年生まれ

1973年に初めて作られたドライキャットフード「ミミードライ」が改良されて、1995年に「ミミーミオドライミックス」として発売されました。

これが後のミオドライミックスです。

日本ペットフードの中でも古く歴史の長いキャットフードです。

参考:日本ペットフード株式会社「日本ペットフードの歴史ー食べ継がれる信頼ー」

ヘルシーフードサイエンス研究所

「ペットの健康と長寿を追求する」というテーマのもと設立されたのがヘルシーフードサイエンス研究所です。

この研究所はペットフード専門の研究所として日本で最も長い歴史を持ち、獣医師・ペット栄養管理士などが、日本で暮らすペットの食事について研究を重ねていますよ。

ミオドライミックスのメリット・デメリット

メリット

とにかくコスパが良い

ミオドライミックスの一番のメリットはそのコスパの良さです。

1kg2,000円以上のプレミアムキャットフードと比べて、ミオドライミックスは1kg200~300円程度とかなり安いです。

多頭飼いの家庭や、保護猫活動をしている人には、安くてたくさん入っているキャットフードは助かりますよね。

スーパーで気軽に購入できる

スーパーやコンビニ、量販店などで気軽に購入できるのもメリットです。

うっかりキャットフードを切らせてしまったときでも、すぐに手に入るのは嬉しいですね。

デメリット

アレルギーが心配

ミオドライミックスは穀物中心のキャットフードで、多くの人工添加物が使用されています。

穀物アレルギーの猫ちゃんや、アレルギー体質で敏感な猫ちゃんにはオススメしません。

肉類もいろいろなものが使われているので、アレルゲンの特定が難しいのもデメリットです。

アレルギーに配慮したキャットフードおすすめランキング

アレルギーに配慮したキャットフードおすすめランキング

不安な人工添加物が多い

発がん性のある着色料が使われているのもデメリットです。

これらの人工添加物には上限が定められてはいますが、実際にすべての猫ちゃんに安全かどうか不安が残りますよね。

人工添加物にアレルギーが出る猫ちゃんも多いので、あまり使われていないほうが良いと思います。

ミオドライミックスの口コミ・評判まとめ

ジッパー付きで保存に便利

こちらの商品にしてから我が家の猫の食欲がUPしました。
他のご飯だと一定期間同じものを与え続けると飽きてしまうみたいで食いつきが悪くなるのですが、こちらの商品ではそういう事もありません。
ジッパーが付いているので湿気てしまう事もなく、小袋で分けられているものよりいつも新鮮な状態で与えられるのもgoodです。

参照:Amazonカスタマーレビュー

ジッパー付きで保存しやすいという意見が多くありました。

キャットフードは空気に触れると酸化がはじまり味や風味が落ちてしまうので、ジッパーが付いてしっかり密封できるのは助かりますよね。

新鮮なまま保存できるので猫ちゃんの食付きの良さにも繋がります。

粒の形状が良い

真ん中に穴が開いているタイプなので、猫ちゃんが、かみ砕くのに楽で、食べやすそうです。

参照:Amazonカスタマーレビュー

真ん中に穴の空いている形状が良いという意見も多くありました。

噛み砕きやすく、吐き戻しも減ったという猫ちゃんもいましたよ。

噛むことで歯垢が除去されるのでお口の健康ケアにも良さそうですね!

便が緑色に・・・

近所のスーパーで300円で購入しました。
うちの猫には合いませんでした。
うんちが緑色がかりました。
久しぶりにもう一度あげてみたら、今度は嘔吐。しかも2回連続。
合う子もいるのかもしれませんが、肝臓の数値が少しだけ平均より高いだけでも要注意です。

参照:Amazonカスタマーレビュー

便が緑色になってしまったという衝撃的なレビューもありました。

ミオドライミックスには多くの着色料が使用されているので、その色がそのまま便になって出てきたのかもしれません。

この猫ちゃんは肝臓の数値が悪いとのことですが、病気がちな猫ちゃんや、敏感な猫ちゃんには注意したほうが良いかもしれませんね・・・

オーガニックキャットフードのおすすめランキング

オーガニックキャットフードのおすすめランキング

まとめ

管理人
管理人

ミオドライミックスは原材料や栄養バランスに不安な点が多くあるキャットフードでした。

  • コスパが良い(1kg200~300円)
  • 穀物メイン
  • 脂質が少ない
  • 猫に不必要な着色料

ペットの健康長寿のために研究開発されたフードですが、原材料は猫ちゃんにとって良いものばかりではありませんでした。

ジャンクフードの感覚でたまに与える分には良いですが、長期間与えるのはオススメできません。

肉類メインで栄養バランスの優れたキャットフードを選んであげてほしいと思います。

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

-Cランク

Copyright© キャットフードのABC , 2019 All Rights Reserved.