Aランク

ロータスキャットフードの原材料評価と口コミ・評判まとめ

2019年11月3日

管理人
管理人

こんにちわ!管理人の楓(@catfood_abc)です。

ヒューマングレードの原材料を使用していると評判の「ロータス」はリニューアルしてグレインフリーになったことでますます注目が集まっています。

今回はそんなロータスキャットフードの原材料や口コミをまとめました。

ロータスの総合評価

商品名 ロータス|グレインフリー|チキンレシピ
総合評価

Aランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【キャットフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:チキン

その他原料:レンズ豆、ヒヨコ豆、かぼちゃ、さつまいもなど

酸化防止剤:トコフェロール(天然ビタミンE)、クエン酸

人工添加物:なし

「ロータス|グレインフリー|チキンレシピ」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 カナダ
第一原料産地 不明
内容量と価格 ・1,518円/400g
・3,608円/1.2kg
※税込、公式サイト参考
対応年齢 全年齢
販売元 ロータスジャパン株式会社
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 一覧 プレミアムキャットフード グレインフリー 子猫におすすめ アレルギーに配慮/a>
管理人
管理人

ロータスキャットフードの評価はAランクです。

ロータス人間でも食べることのできる原材料を使用したプレミアムキャットフードです。

また、穀物不使用・人工添加物不使用と、飼い主さんにとっての安心材料が多いですね。

価格が高いのが気になりますが、原材料の質を考えると当然と言えます。

以上のことから、ロータスはAランクとなりました。

キャットフードの一覧表はコチラ

ロータスの原材料をチェック

チキン、チキンミール、レンズ豆、チキンレバー、ヒヨコ豆、チキン脂肪(ミックストコフェロール、クエン酸にて保存。)粗挽きフラックスシード、
タピオカ、エンドウ豆繊維、乾燥ビール酵母、乾燥全卵、天然酵母フレーバー、はまぐり、かぼちゃ、りんご、さつまいも、ブルーベリー、ほうれん草、
人参、プロピオン酸カルシウム、硫酸カルシウム、海塩、サーモンオイル、ビタミンE、緑イ貝、乾燥ケルプ、ユッカエキス、イヌリン、タウリン、
L-アスコルビル-2-ポリリン酸(ビタミンC)、硫酸鉄、DLメチオニン、硫酸亜鉛、亜鉛アミノ酸キレート、塩化カリウム、ナイアシン(ビタミンB3)、
マンガンアミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、ビタミンA、硫酸マンガン、チアミンモノニトレイト(ビタミンB1)、パントテン酸カルシウム、
塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビオチン、リボフラビン(ビタミンB2)、ビタミンB12、ビタミンD3、ヨウ酸カルシウム、葉酸、亜セレン酸ナトリウム、
ローズマリーエキス

ロータスに使用していますチキンミールには副産物は含まれておりません。

参照:ロータス|キャット|グレインフリー|チキンレシピ

チキンが第一主原料

ホルモン剤不使用

管理人
管理人

ロータスキャットフードの第一主原料は、猫ちゃんにとって大事な栄養素である動物性タンパク質が豊富なチキンです!

ロータスに使用されているチキンやラム肉、白身魚などはすべてホルモン剤不使用で、人間でも食べることのできるグレードなので安心ですよ。

チキンミールは副産物なし

また、次に含有量が多い「チキンミール」は、人間が食べることのできいない部位=副産物を使用していないと公式ホームページに記載がありました!

※ロータスで使用しています「チキンミール」、「ラムミール」、「ダックミール」には副産物は含まれておりません。

参照:ロータスジャパン「ロータスペットフードとは?」

いわゆる「ミール」原料は、食肉加工の際に出るクズ肉や、人間と食用に適さない部位を混ぜ合わせて粉末状に加工したもので、質の良い原材料とは言えません。

しかさい、ロータスの場合は副産物を使用せずに作られた高品質なチキンミールを使用しています。

このようにきちんと記載があると安心感が違いますよね♪

グレインフリー(穀物不使用)

ロータスキャットフードはすべて、リニューアル後に完全「グレインフリー」になっています。

肉食動物である猫ちゃんが消化しづらい穀物を使用せず、食物繊維が豊富な豆類やさつまいもなどを配合しています。

特に穀物の中でもアレルギーの原因になりやすい「大豆・とうもろこし・小麦」は一切使用していないので安心して猫ちゃんに与えることができますよ。

グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードのおすすめランキング【5選】

グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードのおすすめランキング【5選】

栄養豊富な油脂類

チキン脂肪

油脂類は痛みやすいので保存料(酸化防止剤)を添加しなければなりません。

そして、原材料そのものに使用された添加物については表記の義務がないので、強い人工添加物を使用されている可能性もあるのです。

しかし、ロータスの場合「チキン脂肪(ミックストコフェロール・クエン酸にて保存)」としっかりと記載があります。

使われている酸化防止剤は天然成分なので、とても信頼できますよね。

オリーブオイル・サーモンオイル・月見草オイル

栄養成分がたっぷり詰まった天然のオリーブオイル・サーモンオイル・月見草オイルを配合し、猫ちゃんの健康的な被毛と皮膚の維持をサポートしてくれます。

オメガ3脂肪酸のDHA/EPAは、血液をサラサラに保つ効果や、毛並みをつややかに保つ効果がありますよ。

猫ちゃんが体内で作ることができない成分なので、食事から効率的に摂取できるのは嬉しいですね!

参考:ピュリナ公式「猫との暮らし|正しいキャットフードの選び方|食事と健康」

消臭効果のあるユッカエキス

ユッカエキスには、便や尿のアンモニアの量を減少させる効果があります。

気になる便臭を抑えることができますよ♪

また整腸作用もあるので、お腹の調子を整えてくれます。

ロータスの特徴

製造会社はロータスペットフード社

管理人
管理人

ロータスキャットフードを製造・販売しているのはカナダの「ロータスペットフード社」です。

ロータスは人間でも食べることのできる原材料を使い、オーブンで焼き上げるという現在では珍しい手法で作られています。

工場は、食品の安全管理システムである「HACCP(ハサップ)」の認証を受けており、ペットフードの安全性や品質の保持に力を入れています。

参考:厚生労働省「HACCP(ハサップ)|HACCPとは?」

かわいいパッケージにも注目

ロータスといえば、キャットフードには珍しい感じの絵本のようなイラストのパッケージが目を引きます。

アメリカの新進気鋭のアーティスト「ニコラス・ウィルトン」さんの絵だそうです。

とてもかわいいので全種類集めてみたくなりますね(^^)

ヒューマングレードの原材料を使用

ロータスペットフードに使用されている食材は、全てヒューマングレードで高品質です。

ホルモン剤を使用していない鶏肉や、新鮮なりんごやさつまいもなど、ペットフードとしては最高品質の原材料でしょう。

もちろん、その分価格は高くなりますが・・・

オーブンベイク製法

管理人
管理人

ロータスの特徴的な製法といえば「オーブンベイク製法」です。

通常、キャットフードはエクストゥルーダーという機械で加熱・加圧し製造されます。

ロータスのオーブンベイクはその名の通り、実際にオーブンで焼き上げる製法です。

参照:ロイヤルカナン「よくある質問|ドライフードは、どのように製造されていますか?」

栄養素が吸収されやすい

オーブンベイク法は通常の製法よりも高圧・高温にさらされないので。栄養が吸収されやすい形で残るという利点があります。

成分が凝縮される

また低温でじっくり調理されることによって、成分が凝縮され、少ない量でもしっかり栄養を吸収できるようになります。

オイルコーディングの必要がない

通常の製法では、味や香りはほとんど残っていないので、最後に動物性の脂肪でコーティングするのです。

キャットフードの独特の匂いはこのオイルコーティングからきているのでしょう。

また、この時にコーティングされる動物性の油は酸化しやすく、フードを劣化させてしまうこともあります。

ロータスはオイルコーティングをしなくてもしっかり素材の香りや味が残っているので安心ですよ。

ミネラルのキレート化

猫ちゃんの体に必要なミネラルは、そのままでは吸収されにくいです。

しかし、ミネラルをキレート化することで、3~10倍吸収されやすくなっているそうです。

プロバイオティクスがお腹の調子を整える

ロータスは、プロバイオティクス配合でお腹の調子を整えてくれます。

便秘や下痢の改善に効果がありますよ♪

参考:公益財団法人腸内細菌学/(旧)日本ビフィズス菌センター「プロバイオティクス」

ロータスがオススメの猫・オススメしない猫

粗タンパク質 35.00%以上
粗脂肪 19.00%以上
粗繊維 5.00%以下
水分 10.00%以下
粗灰分 7.50%以下
タウリン 0.15%以上
オメガ3脂肪酸 0.65%以上
オメガ6脂肪酸 2.50%以上
カルシウム 1.34%
リン 1.10%
マグネシウム 0.11%
ナトリウム 0.37%
ビタミンE 350IU/㎏
アスコルビン酸
(ビタミンC) 200㎎/㎏
代謝エネルギー(ME) 369.7kcal/100g 

参照:ロータス|キャット|グレインフリー|チキンレシピ

ロータスがオススメの猫

成長期の子猫

管理人
管理人

ロータスは非常に高タンパク・高脂質なので、成長期の子猫にピッタリのフードですよ。

カロリーはもう少し高くても良いかなと思いますが、室内で飼っている猫ちゃんであれば十分といえる数値です。

品質の良いタンパク質は、子猫の未熟な筋肉や内臓を、強く育ててくれるのでオススメですよ♪

子猫におすすめのキャットフードランキング【5選】

子猫におすすめのキャットフードランキング【5選】

長毛の猫ちゃん

ロータスはサーモンオイルなどの油脂類からオメガ3脂肪酸であるDHA/EPAを豊富に摂取することができます。

オメガ3脂肪酸には血液をサラサラにし、猫ちゃんの皮膚や被毛を健康に保つ効果があります。

毛並みの気になる長毛猫ちゃんや、毛並みの悪くなってきた猫ちゃんにもおすすめです。

ロータスをオススメしない猫

ダイエット中の猫ちゃん

ダイエット中の猫ちゃんには脂質が多すぎるかもしれませんね。

また、高カロリーなので、太り気味の子や、肥満の猫ちゃんに与えるときには注意が必要です!

ダイエットにおすすめのキャットフードランキング【5選】

ダイエットにおすすめのキャットフードランキング

腎臓に疾患のある猫ちゃん

腎臓に疾患のある猫ちゃんの場合、腎臓に負担にならないように、病院の先生よりタンパク質の制限がされていることが多いです。

ロータスは高タンパクフードなので、食べさせる前にかかりつけの獣医さんに意見を聞いたほうが良いでしょう。

ロータスの口コミ・評判

ロータスのみんなの口コミ・評判

4
4.0 rating
星5つ中の4 評価の数 1
とても良い 0%
良い100%
普通0%
残念0%
とても残念0%

安心して与えることができます

4.0 rating
2019年11月4日

猫の健康に配慮しているキャットフードなので、安心してあげらます。
うちの子たちも喜んで食べています。
もう少し値段が安ければいいのですが ...

るる

ロータスの口コミを投稿する

まとめ

管理人
管理人

ロータスキャットフードは原材料も高品質で、こだわりの製法で作られている良質なキャットフードでした。

  • ヒューマングレードの原材料を使用している
  • ホルモン剤使用なしの肉類
  • グレインフリー
  • 人工添加物フリー
  • こだわりのオーブンベイク製法

ロータスはこだわって作られている分、ちょっと価格が高いのが難点ですが、間違いなくオススメできるフードでした。

猫ちゃんの健康にこだわる飼い主さんにも試してもらいたいです。

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

-Aランク

Copyright© キャットフードのABC , 2019 All Rights Reserved.