Bランク

老舗アイシア社のキャットフード「黒缶」の評判と評価は?

管理人
管理人

キャットフードの定番商品として長年愛され続けている「黒缶」。

スーパーやコンビニなどでも売られており、猫の飼い主で知らない人はいないと言っても過言ではないほど、有名な猫のウェットフードの缶詰です。

今回は、40年以上の歴史を持つ「黒缶」について原材料や口コミ、製造会社のアイシアについてまとめました。

「黒缶」の総合評価

商品名 黒缶|まぐろミックス|まぐろの白身のせ|まぐろとかつお
総合評価

Bランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【キャットフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:魚介類(マグロ、カツオ、フィッシュエキス)

その他原料:オリゴ糖

酸化防止剤:なし

人工添加物:なし

「黒缶|まぐろミックス|まぐろ白身入り|まぐろとかつお」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 タイ・韓国
第一原料産地 不明
内容量と価格 ・105円/160g(1缶)
※税込、Amazon参考
対応年齢 成猫
販売元 アイシア株式会社
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 一覧 老猫におすすめ 高コスパ
管理人
管理人

黒缶の評価はBランクです!

至ってシンプルな原材料の総合栄養食です。

合成酸化防止剤や着色料などの添加物も含まれておらず、猫ちゃんの身体に害のありそうな原材料はありませんでした!

ただ、人間でも食べることができるかどうかは明記されていなかったので、ランクはBとなりました。

キャットフードの一覧表はコチラ

黒缶の原材料をチェック

老舗アイシア社のキャットフード「黒缶」の評判と評価は?

スタンダードな缶詰タイプの「黒缶まぐろミックス|まぐろの白身のせ|まぐろとかつお」の原材料を確認してみましょう!

【原材料】

魚介類(マグロ、カツオ、フィッシュエキス)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、Cu、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1、B2、葉酸、ビオチン)

【成分】

たんぱく質:13.9%以上、脂質:0.9%以上、粗繊維:0.1%以下、灰分:3.5%以下、水分:82.0%以下、カロリー:80kcal/100g

引用元:アイシア公式サイト「黒缶まぐろミックス|まぐろの白身のせ|まぐろとかつお」

マグロとカツオの赤身肉がメイン

管理人
管理人

黒缶のメイン原材料は、パッケージにある通り、マグロとカツオです。

ウェットフードにありがちな「魚と書いてあるのにチキンが第一主原料だった」ということはなく、しっかりと魚のみで作られています。

しかも、白身肉に比べてDHA・EPA、タウリン、ミネラルなどの栄養価が高い「赤身肉(血合い)」を使用していますよ!

オリゴ糖でスッキリサポート

老舗アイシア社のキャットフード「黒缶」の評判と評価は?

オリゴ糖は糖類の一種ですが、働きは食物繊維に似ています。

ビフィズス菌などの善玉菌を活性化し、胃腸の調子整えてくれるので、便秘の解消に効果があります。

また、便の匂いを抑えるという効果もありますよ!

参考:日清ペットフード株式会社「愛猫のハッピーLIFE百科|オリゴ糖」

人工添加物不使用

管理人
管理人

黒缶には、危険な人工添加物は使用されていません。

とろみを付けるための増粘剤などの使用もなく、純粋に魚がぎっしり詰まっている缶詰といった感じです。

低カロリー・低タンパク質

「総合栄養食の表記」ですが、カロリーは少なめでタンパク質量・脂肪分量・繊維質量も比較的少なめです。

老齢猫や肥満猫などには優しい内容ではあるものの、子猫や若い成猫にはこれだけでは栄養が足りない内容だと感じます。

食事のバランスを整えるために総合栄養食のドライフードを併用することをおすすめします。

その際はカロリーオーバーにならないように気をつけましょう!

おすすめキャットフードのランキング

キャットフードの比較ランキング

「黒缶」がおすすめの猫

老舗アイシア社のキャットフード「黒缶」の評判と評価は?

老猫

管理人
管理人

シンプルな内容で脂質も少ないので、消化吸収に優しくシニア猫ちゃんにおすすめできます。

胃腸に負担をかけずに食べることができますよ♪

老猫におすすめのキャットフードランキング

老猫におすすめのキャットフードランキング

食が細い子へのトッピング

無駄な添加物などは見受けられなかったので、いつものドライフードにトッピングとして使用するのも良いと思います。

嗜好性が高いので食の細い子にオススメです!

お水をあまり飲まない猫ちゃん

ウェットフードなので、自然と水分が摂取できます。

水をあまり飲まない猫ちゃんには、ウェットフードの併用もおすすめです。

「黒缶」で注意するべき点

老舗アイシア社のキャットフード「黒缶」の評判と評価は?

水分過剰で下痢にならないように注意

いきなりウェットフードをだけを与えると、その水分量に慣れておらず下痢をする子もいます。

様子を見ながら調整してあげましょう。

子猫や成猫にはドライフードを併用

管理人
管理人

黒缶は低カロリー・低タンパク・低脂質なので、成長期に向いているフードとは言えません。

育ち盛りの猫ちゃんは、身体を作るために高タンパク・高カロリーの食事をする必要があります。

ドライフードを併用して混ぜてあげることをおすすめします。

子猫におすすめのキャットフードランキング

子猫におすすめのキャットフードランキング

ウェットフードだけ与えていると、ドライを食べなくなる?

嗜好性の高いウェットフードばかり与えていると、それに慣れてドライフードを食べてくれなくなってしまうことがあります!

例えば、病気になった時に療法食を食べてくれないと、困ってしまいますよね・・・

いざというときの為に、色々なフードに慣らしておきましょう!

毎日の食事はウェットフードだけではなく、総合栄養食のドライフードも与えるようにすると良いですよ!

黒缶のラインナップを紹介

老舗アイシア社のキャットフード「黒缶」の評判と評価は?

豊富なバリエーション

黒缶はお馴染みの缶詰やパウチなど、10シリーズ展開で、全部で36種類の商品があります。

すべて総合栄養食です。

  • 黒缶まぐろミックス⇒黒缶(リニューアル)
  • 黒缶ミニ
  • 黒缶3P
  • 毎日黒缶3P
  • 15歳からの毎日黒缶3P
  • 黒缶パウチゼリータイプ
  • 15歳頃からの黒缶パウチゼリータイプ
  • 18歳頃からの黒缶パウチゼリータイプ
  • 黒缶パウチ水煮タイプ
  • 黒缶シュシュ6P
  • 黒缶プレミアム(コンビニ限定)

水煮タイプとゼリータイプの違いは?

水煮タイプとゼリータイプの原材料を比較してみましょう!

黒缶パウチ|水煮タイプ|まぐろとかつお

魚介類(マグロ、カツオ、フィッシュペプチド)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、Cu、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1、B2、葉酸、ビオチン)

参照:アイシア公式サイト「黒缶パウチ|水煮タイプ|まぐろとかつお」

黒缶パウチ|ゼリータイプ|まぐろとかつお

魚介類(マグロ、カツオ、フィッシュペプチド)、オリゴ糖、増粘多糖類、ミネラル類(Ca、Cu、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1、B2、葉酸、ビオチン)

参照:アイシア公式サイト「黒缶パウチ|まぐろとかつお」

比較してみると、ゼリータイプの方に増粘多糖類が含まれていること以外は違いはありません。

黒缶パウチ水煮タイプは、缶詰の黒缶と同じものがパウチになっただけなので、フレークのような食感と見た目です。

ゼリータイプは具材がゼリーで固められており、嗜好性も高く、猫ちゃんの食いつきも良いのが特徴です。

水煮タイプは全部で3種類、ゼリータイプは7種類の味があるので、猫ちゃんの好みに合わせて選んでも良いですね♪

「黒缶」と「毎日黒缶」の違いは?

黒缶」と「毎日黒缶」、見た目も名前もすごく似ていて、実際に間違えて買ってしまったという口コミもありました。

2つの違いは原材料にあります。

黒缶は「まぐろ」と「かつお」の血合肉をミックスしたもので、毎日黒缶は「かつお」の血合肉のみで作られた商品です。

かつおのみで作られているので、毎日黒缶の方が少しリーズナブルですね!

黒缶の歴史をたどる

老舗アイシア社のキャットフード「黒缶」の評判と評価は?

製造販売元はアイシア株式会社

管理人
管理人

アイシア(AIXIA)株式会社は、人間の食品を加工販売している「マルハニチログループ」の関連会社です。

缶詰やレトルト・冷凍食品、魚肉ソーセージなどを販売しており、その技術を使用してペットフードの缶詰の開発をはじめました。

素材そのものの美味しさを活かした商品作りがアイシアのモットーです。

黒缶は40年のロングセラー商品

変わらぬ味とパッケージ

管理人
管理人

黒缶は発売から40年以上愛され続けているロングセラー商品です。

黒缶は、食缶を作る時に派生した血合いの部分を猫用缶詰として1977年に発売したのが始まりです。

誕生してから今までの間、大きな中身・材料の変更やパッケージの変更が行われていません。

原材料の表記を明確に

ユーザーの意見から、好みが分かれないように原材料の魚をあえて複数種類使用したり、原材料表記を明確にするという改善が行われたのみです。

消費者の声に耳を傾け、原材料表記をきちんと改めてくれたというエピソードはさすが日本の企業!という感じで好感が持てますよね。

黒缶の生産場所

老舗アイシア社のキャットフード「黒缶」の評判と評価は?

黒缶の原産国はタイ

管理人
管理人

現在、黒缶はタイや韓国で生産が行われています。

もともとはツナ缶を作っている工場で出た血合いなどの副産物を使用するため、日本国内の各地のツナ缶工場で併行して生産されていました。

その中の一つがタイのツナ缶生産工場です。

参考:黒缶ブランドサイト「黒缶のあのころ」

日本のペットフード輸入量第1位はタイ

原産国がアジア圏のタイと聞いて少し心配になった方もいるでしょう。

しかし、実は日本が一番多くペットフードを輸入している国はタイなのです!

タイは「世界の台所」と呼ばれるほど、食品衛生への意識が高く、世界中のペットフードメーカーがタイに生産工場を置いています。

つまり、タイが原産国のキャットフードは安全性が高いということなんですね。

参考:平成29年度ペットフード産業実態調査の結果「5.国別輸入量」

すべて韓国産になるって本当?

黒缶の口コミに「韓国産が増えてきている」という不安の声が複数見られました。

これについて、製造販売元であるアイシアのお客様センターに問い合わせてみたところ、「ラインナップによってタイ産・韓国産と決まっている」との返答をいただきました!

  • 黒缶まぐろミックス(2019年8月廃盤)→タイ産
  • 黒缶(リニューアル商品)→韓国産
  • 黒缶ミニ→タイ産
  • 毎日黒缶→韓国産
  • 黒缶シュシュ→タイ産
  • 黒缶パウチ→タイ産

定番の「黒缶まぐろミックス」が2019年に廃盤となり、リニューアル商品として韓国産の「黒缶」が発売されたことによって、市場に韓国産が増えたように感じるのかもしれませんね。

気になる人はミニ缶やパウチを選ぶと良いでしょう!

「黒缶」の口コミや評判

食いつきが良い!

黒缶は猫ちゃんの食いつきが抜群という意見がたくさんありました!

40年間愛され続けているだけのことはありますね(^^)

総合栄養食なので老猫にも良い

歯がほとんどない老猫にも食べやすい

開封後時間が経過して風味が落ちると食べないので、少量で助かります。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

総合栄養食である黒缶は老猫ちゃんにも好評価でした!

歯がない猫、歯が弱った猫などは硬いドライフードでは食べられない事があるので、ウェットフードで総合栄養食な黒缶が重宝されるようですよ。

臭いがきつい

めちゃめちゃ食べる子とあまり食べない子が

多頭飼いなのですが、めちゃめちゃがっついて食べる子と
とりあえず食べるけど、どっちでもいいような感じの子に分かれました。
普段はカリカリをやっています。カリカリをさっきたべたからもういいよって
感じに見えました。

製品自体は、血合肉が多いということでちょっと生臭い感じのニオイが
強いように感じました。

猫によって好みが分かれるようなので、まずは1パック購入して試すのがいいと思います。

参照:Amazonカスタマーレビュー

臭いが強いという意見もありました。

血合肉を豊富に使っているので、少し生臭く感じる人も多いようです。

猫ちゃんによっても好みの子と好みじゃない子が分かれるみたいです。

いろいろと試してみて、猫ちゃんの好みのフードを見つけてあげると良いですよ!

コスパが良い

黒缶は原材料の質もよく、価格が手頃でコスパが良いという意見がありました!

いくら安くても猫ちゃんの身体によくないものは与えたくないですよね。

その点、安くて安全な黒缶はどんな猫ちゃんにもおすすめできますね(^^)

安全でコスパの良いキャットフードのおすすめランキング【4選】

安全でコスパの良いキャットフードのおすすめランキング【4選】

まとめ

管理人
管理人

「黒缶」は40年もの間キャットフードの定番商品として愛されてきました!

  • 長年の日本のブランドであるという信頼感
  • 原材料はシンプル・無添加で安心
  • 成長期の猫ちゃんには少し物足りない
  • ドライフードとの合わせて与える

不安な原材料も使われておらず、総合栄養食なので、安心して猫ちゃんに与えることができる商品だと思いました。

ただ、子猫や成猫には、タンパク質などの栄養面で少し物足りないので、ドライフードとの併用がオススメですよ!

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

-Bランク

Copyright© キャットフードのABC , 2019 All Rights Reserved.