Cランク

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

2019年9月17日

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

管理人
管理人

カルカン、ねこ、まっしぐら♪」のCMでおなじみのカルカンのキャットフード。

今回は、カルカンについて、ドライフード・ウェットフードの原材料や口コミを評価します。

またカルカンに使われている着色料の危険性についてもまとめました。

カルカンの総合評価は?

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

商品名 カルカン|室内ねこ用|お魚ミックス|まぐろとかつお味
総合評価

Cランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【キャットフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:×穀類(とうもろこし、小麦等)

その他原料:×チキンミール、家禽類、大豆

酸化防止剤:×BHA、BHT

人工添加物:×BHA、BHT、着色料(赤102、青色2、黄4、黄5)

「カルカン|ドライタイプ|室内ねこ用|お魚ミックス|まぐろとかつお味」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 タイ
第一原料産地 不明
内容量と価格 699円/1.6kg
※税込、Amazon参照
対応年齢 成猫
販売元 マースジャパンリミテッド
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 一覧 コスパの良いキャットフード

穀物が第一主原料

管理人
管理人

カルカンの評価はCランクです。

カルカンは猫ちゃんが消化しづらい穀物メインのキャットフードです。

特にアレルゲンになりやすいとうもろこしと小麦が第一主原料であることが低評価の理由です。

そして、猫ちゃんにとって大事な動物性タンパク源である肉類も「ミール肉」と、質の良いものを使っているとは言い難いです。

危険な人工添加物が使われている

また、発がん性の認められている危険な人工添加物の使用があり、大事な猫ちゃんに与えるのは正直不安です。

本来不必要な着色料が使われているので、原材料の質にも疑問が残ります。

以上のことから、カルカンの評価はCランクになりました。

キャットフードの一覧表はコチラ

カルカンの原材料をチェック

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

ドライフード「室内猫用|お魚ミックス|まぐろとかつお味」の評価

穀類(とうもろこし、小麦等)、肉類(チキンミール、チキンエキス等)、大豆、ビートパルプ、家禽類、植物性タンパク、油脂類(パーム油、大豆油等)、魚介類(かつおエキス、フィッシュエキス、まぐろエキス等)、野菜類(ほうれん草、にんじん等)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、BHA、BHT)、着色料(赤102、青2、黄4、黄5)

参照:カルカン公式HP「室内ねこ用|お魚ミックス|まぐろとかつお味」

穀物がメイン

管理人
管理人

第一主原料は穀物(とうもろこし、小麦等)になっています。

特にとうもろこしは、雑食動物でも消化しづらい原材料であり、肉食動物の猫ちゃんにとってはなおさら消化が難しいのです。

猫ちゃんは人間や犬に比べて消化器官が短いので、消化に時間のかかる穀物は胃腸に負担をかけることになります。

また、穀物は「かさまし」として使われることが多い原材料なので、穀物メインのキャットフードは質が良いとは言えません(-_-;)

ミール肉の使用あり

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

ミール肉は不透明な原材料

肉類で使われているチキンミールは、鶏のとさかや内臓などの食肉以外の部位と、クズ肉を混ぜ合わせて加工された原材料のことです。

ミール自体を輸入していることもあるので、原産国はわかりませんし、どんなチキンのどんな部位が使われているかもわからず、安全性が不透明です。

4Dミートを使っている可能性
管理人
管理人

粗悪なミール肉の場合は、4Dミート(Dead/死亡した・Diseased/病気の・Dying/死にかけの・Disabled/障害のある)を使用している可能性もあり危険です。

ミール肉は価格が安いので、激安キャットフードに使われることの多い原材料です。

かつおよりもチキンが多い

「お魚ミックス」と書いてあるのに、実際に入っているのは魚ではなく肉がほとんどです。

魚介類に関してはかつおエキスやまぐろエキスのみで、魚自体の使用はありません。

魚のキャットフードがほしい人には注意が必要ですね。

不必要な着色料

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

猫は色を識別できない
管理人
管理人

カルカンの原材料の中で一番気になったのが、多く使われている合成着色料です。

実は、猫ちゃんの目は色を識別できていません。

食べ物の美味しさを見た目や色ではなく、臭いで判断しているので、フードに色がついている必要はないのです。

つまり、着色料は人間が見たときに「美味しそう」と思わせるためだけに添加されているのです。

危険な合成着色料

合成着色料は、病気やアレルギーのリスクがあり、猫ちゃんにとって良いものではありません。

海外ではペットフードに添加するのを禁じられている国もあるほどです。

特に、カルカンにも使われている「赤色102号」は発がん性が認められているので、できるだけ避けたい原材料です。

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

危険な酸化防止剤

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

酸化防止剤はキャットフードの劣化を防ぐために必要なものですが、カルカンにはここでも危険な合成酸化防止剤が使われていました。

BHA・BHTは発がん性があり、人間の食品にも使われることがない危険な人工添加物です。

猫ちゃんに健康に害のない基準値内であればキャットフードに添加しても良いことになっていますが、100%安心はできないですよね。

できれば、酸化防止剤は天然成分のものを選びましょう。

ウェットフードの評価

魚介類(かつお、まぐろ等)、肉類(チキン、ビーフ)、植物性油脂、小麦、調味料(アミノ酸等)、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Cu、Fe、I、K、Mg、Mn、Na、P、Zn)、タウリン、増粘多糖類、ポリリン酸Na、EDTA-Ca・Na、発色剤(亜硝酸Na)

参照:カルカン公式HP「カルカン|パウチタイプ|まぐろ|ジューシーゼリー仕立て」

ウェットフードは総合栄養食

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

カルカンのウェットフードは「総合栄養食」です。

総合栄養食とは、「そのフードと水だけで健康を維持できる、栄養バランスのとれた製品」のことです。

ウェットフードを食事として与える場合にはこの表記があるものを選びましょう!

まぐろ味だけどチキンやビーフも含まれている

パウチタイプのウェットフード「まぐろ味」について見てみると、まぐろと書いてあるにも関わらず、一番多く含まれているのはカツオでした。

しかもチキンやビーフも入っているので、魚しか食べない猫ちゃんや、チキンなどにアレルギーのある猫ちゃんには向きませんね。

嗜好性アップのためのアミノ酸

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

管理人
管理人

調味料のアミノ酸は、猫ちゃんの食いつきを高めるために使われる人工添加物です。

食いつきはとても良くなりますが、依存性が高く、それ以外を食べなくなることもあります。

そもそも猫ちゃんの食事には調味料は不必要なので、できるだけ使われていないものを選びたいですね。

発色剤は保存料

発色剤(亜硝酸Na)は、ウェットフードの退色を抑え、肉を新鮮に見せる効果があります。

またボツリヌス菌などの細菌の繁殖を抑え、フードを安全に保ちます。

しかし、これも発がん性が認められている危険な添加物です。

ペットフード公正取引委員会では、この亜硫酸ナトリウムの使用に関して上限が定められていますが、長期間食べさせることで健康に害がでる可能性があるので、できるだけ避けたいところですね(-_-;)

参考:環境省自然環境局|総務課|動物愛護管理室「ペットフード安全法|基準規格等|[1]成分規格」

激安キャットフードの危険性

カルカンの成分を分析!評判と危険な着色料について

激安フードの理由

激安キャットフードは、価格を下げるために原材料にコストが低いものを使っています。

肉よりも安く仕入れることができる穀物」「生肉ではなくミール肉」といったように、猫ちゃんにとってはあまり良くないことは明白です。

もちろん、質の悪い原材料を使っているので、着色料や調味料といった人工添加物をたくさん使ってごまかす必要があります。

安いキャットフードだからと言って安易に買うのではなく、激安=粗悪だと思って避けたほうが良いと考えられます。

カルカンは激安フード?

管理人
管理人

カルカンのドライフードは1.6kgで699円と、かなり安いフードです。(2019年9月Amazon価格参照)

上質な原材料を使っているプレミアムフードのモグニャンは1kgあたり2,850円、コスパの良い安全なキャットフードとして評判のピュリナワンは1kgあたり673円程度と、比べてみるとカルカンは437円/1kgと激安です。

穀物中心、ミール肉の使用、人工添加物の使用など、激安である理由がわかりますよね。

家族である猫ちゃんの健康のためにも、購入する前に原材料のチェックをするクセをつけましょう。

プレミアムキャットフードのおすすめランキング【5選】

プレミアムキャットフードのおすすめランキング【5選】

カルカンの口コミ・評判

カルカンのみんなの口コミ・評判

0
0.0 rating
星5つ中の0 評価の数 0
とても良い 0%
良い0%
普通0%
残念0%
とても残念0%

まだ評価がありません。最初の口コミを投稿してみませんか?


カルカンの口コミを投稿する

良い口コミ

ねこまっしぐら!食いつきよし◎

「猫まっしぐら」というキャッチフレーズ通り、食いつきが良いとの口コミが多数見つかりました。

子猫から老猫までずっとこれを食べているという猫ちゃんもいました。

とにかく安い

安い

美味しいのに安くてとっても嬉しいです!
ありがとうございます。

参照:Amazonカスタマーレビュー

安くて助かるという意見も多かったです。

多頭飼いや、地域猫の餌やりなどでたくさんフードが必要なときにはコスパの良いカルカンは良いかもしれませんね。

悪い口コミ

尿結石になった

ストルバイトなどの尿路結石になってしまったという書き込みが何件か見つかりました。

この書き込みの猫ちゃんは、下部尿路ケアを与えていたのにストルバイト結石になったようです。

年齢や体質にもよると思いますが、ストルバイトになってしまったら、そのフードはすぐにやめる必要がありますよ!

毛艶が悪くなった

カルカンから他のフードに変えたら毛艶や肉付きが良くなったという口コミがありました。

穀物中心のキャットフードでは、猫ちゃんの健康な身体を作るのに重要な動物性タンパク質が少なく、毛艶も悪くなってしまいますよね。

猫ちゃんの健康のためには、質の良いキャットフードを選んであげることが重要ですよ!

正しいキャットフードの選び方

正しいキャットフードの選び方

まとめ

管理人
管理人

カルカンの原材料には危険な人工添加物がたくさん入っており、いくら食いつきが良くても正直あまりオススメできません。

  • カルカンは猫専用フードブランドで種類が豊富
  • ドライフードは穀物中心
  • ウェットフードは総合栄養食
  • 危険な人工添加物が多用されている

カルカンはスーパーやコンビニでも手軽に買える激安のキャットフードですが、それだけで選んでほしくないと感じました。

猫ちゃんの健康をきちんと考えるなら、動物性タンパク源が第一主原料で、穀物は少なめ、添加物不使用の安心安全なキャットフードを選ぶようにしましょう!

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

-Cランク

Copyright© キャットフードのABC , 2019 All Rights Reserved.