キャットフードの選び方

魚メインのキャットフードのおすすめランキング

投稿日:2018年11月12日 更新日:

魚メインのキャットフードのおすすめランキング

日本では、魚を使ったキャットフードは定番ですよね。

海外のプレミアムフードの中でも、魚を使ったものがたくさんでているので、どれを選んでよいか悩んでいる飼い主さんも多いと思います。

今回は、魚をメインに使ったキャットフードの、特徴や選び方、魚が合う猫ちゃんや、おすすめのキャットフードを紹介します!

参考にしてみてくださいね(^^)

魚メインのキャットフード一覧表だけ見る☟

魚肉を使ったキャットフードの特徴

消化吸収が良い

魚肉キャットフードは消化吸収が良いキャットフードによく使われる魚は、肉食動物の猫ちゃんにとって、消化吸収しやすい原材料です。

しかも、魚の持つ動物性タンパク質は、肉のタンパク質よりもさらに消化しやすいですよ。

低脂肪・高タンパクなので、消化機能が衰えてくる老猫にもオススメできます。

アレルギーのリスクが低い

魚肉メインのキャットフードは、肉類に比べてアレルギーのリスクが低いです。

特に、サーモンなどの白身魚は、低アレルゲンで消化吸収が良いので、チキンや牛肉にアレルギーが出てしまった猫ちゃんの代替フードとしても良いですよ。

タウリンが豊富

猫にとって大切なタウリンが豊富魚には、猫ちゃんにとって大事な栄養素である必須アミノ酸「タウリン」が豊富に含まれています。

タウリンは、動脈硬化や視力の低下などを予防してくれる他、コレステロール値を下げ肝臓の健康を維持する働きがあります。

猫ちゃんの体内で生成することができない成分なので、フードで補う必要があります。

特にイワシやサンマなどの青魚に多く含まれていますよ!

毎日食べるフードからタウリンをしっかり摂取できるのは嬉しいですね。

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)が豊富

魚には、オメガ3脂肪酸のDHA・EPAが豊富に含まれています。

血液をサラサラにしてくれる効果や、中性脂肪を減らし動脈硬化を防ぐ働きがあります。

血液の循環が良くなることで腎臓への負担を軽減することから、腎疾患の猫ちゃんにもおすすめですよ。

また、オメガ3脂肪酸には毛並みを美しく保つ効果があるので、長毛種の猫ちゃんや毛並みの悪くなってきた老猫にも良いですよ♪

これらも、タウリンと同じく、猫ちゃんの体内では作ることができないので、毎日の食事で積極的に摂取していきたいですね。

魚肉キャットフードの選び方

新鮮な魚をふんだんに使っているものを選ぶ

新鮮な魚をたくさん使っている物を選ぶ魚肉キャットフードを選ぶときは、新鮮な魚をたくさん使っているかどうかを必ずチェックしましょう。

原材料の第一主原料が魚であることと、「白身魚○○%」や「フレッシュサーモン(〇〇産)」のように、魚の状態や、含有量、産地などが記載してあると安心できますよ。

ただし、フィッシュミール(魚粉)と書かれていたら要注意です。

ミールと呼ばれる原材料は、魚のさまざまな部位を混ぜ合わせて作られた粉末状の原材料で、元となる魚の種類や安全性が不透明です。

原材料の魚は新鮮で高品質なものを選びましょう!

グレインフリーを選ぶ

魚肉キャットフードを選ぶときは、猫ちゃんが消化を苦手とするトウモロコシや小麦といった穀物を使っていないグレインフリーを選びましょう。

猫ちゃんは本来肉食動物なので、穀物をたくさん摂取すると、消化不良を起こし、下痢や嘔吐、皮膚疾患などのアレルギーを引き起こす可能性があります。

キャットフードの味にフィッシュと書かれていても、原材料を見たら主原料が穀物だったということもあるので、購入する前に原材料のチェックは忘れずにしましょう。

無添加のものを選ぶ

無添加のキャットフード選ぶキャットフードに人工添加物が使用されていないものを選ぶことも重要です。

人工添加物は猫ちゃんの内臓に負担をかけ、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

特に、合成酸化防止剤のBHA、BHT、エトキシンは、発がん性があり危険です。

また、着色料や香料なども、原材料の質が良ければ必要ないものなので、使われていないものを選びましょう!

どんな猫ちゃんにおすすめ?

  • アレルギーに敏感な猫
  • 肥満気味の猫
  • 消化機能が衰える老猫
  • 毛艶が気になる猫

魚がメインのキャットフードは、猫ちゃんにとって必要な動物性タンパク質を豊富に含んでおり、ライフステージ・猫種を問わず勧めることができます。

低アレルゲンで消化吸収が良いので、特にアレルギーに敏感な猫ちゃんにおすすめです。

また、高タンパク・低脂質なので、肥満気味の猫ちゃんのダイエットにも使うことができます。

オメガ3脂肪酸が豊富なので、若い猫ちゃんの美しい毛並みの維持や、パサパサになった老猫の毛艶の改善にも効果がありますよ(^^)

魚メインのキャットフードのおすすめランキング

1.モグニャン

モグニャン

価格(税込) 4,276円/1.5kg
主原料 白身魚(63%)
タンパク質 30%
脂質 16%
カロリー 365kcal/100g
原産国 イギリス

お魚好きな日本の猫ちゃん向けのプレミアムフード

モグニャンは、魚好きな日本の猫に合わせて開発されたイギリス原産のプレミアムキャットフードです。

原材料はすべてヒューマングレード、さらに穀物不使用・無添加と、安全性が高くどんな猫にもオススメできます。

メインの食材に、赤ちゃんの離乳食でも使われるほど安全で質の良い白身魚をたっぷり63%も使用しているので、猫ちゃんの食いつきも抜群ですよ。

消化吸収がよく腹持ちの良いサツマイモや、尿路疾患予防に効果のあるクランベリーなどの厳選素材を使用し、ビタミンやミネラル、オメガ3脂肪酸もバランスよく配合されています。

全ライフステージ対応のヘルシー設計

モグニャンは、高タンパクでありながら、脂質とカロリーが控えめでへルシーな配合です。

成長段階の子猫や、消化機能の低下してくる老猫、太り気味の猫ちゃんなど、さまざまなタイプの猫ちゃんに合うキャットフードです♪

モグニャンを試してみた!原材料評価と口コミ評判

モグニャンを試してみた!原材料評価と口コミ評判

2.オリジン|6フィッシュキャット

オリジン

価格(税込) 6,804円/1.8kg
主原料 新鮮丸ごとサーモン、ニシンなど
タンパク質 42%
脂質 20%
カロリー 406kcal/100g
原産国 アメリカ

カナダ産の新鮮な魚原料を80%使用

オリジン|6フィッシュキャットは、カナダで捕れた新鮮な魚を80%も使用した、チャンピオンフーズ社のプレミアムキャットフードです。

高タンパク・高脂質で、猫ちゃんの健康的な筋肉や美しい毛並みを作るのに最適ですよ(^^)

また、低炭水化物・低GI原材料を使っているので、血糖値の上昇を抑えられ、体重管理をサポートしてくれます。

猫本来の食事を再現した「ホールプレイ」

オリジンは、新鮮な魚肉だけではなく、内臓や軟骨などを丸ごとキャットフードに使用し、猫ちゃん本来の食事を再現する「ホールプレイ」という独自の製法で作られています。

肉食動物である猫ちゃんが食べない、穀物や合成原材料は一切使用していないので、安心して愛猫ちゃんに与えることができますよ♪

新鮮な魚に多く含まれるDHA・EPA、タウリンなどのアミノ酸を豊富に配合しているのも嬉しいですね!

愛好者増加中!オリジンキャットフードの評価と評判

愛好者増加中!オリジンキャットフードの評価と評判

3.アカナ|パシフィカキャット

アカナ

価格(税込) 6,264円/1.8kg
主原料 魚75%(ニシン、イワシ、アブラカレイ、タラ、シルバーヘイク、メバルなど)
タンパク質 37%
脂質 20%
カロリー 408kcal/100g
原産国 カナダ

丸ごと天然魚をふんだんに使用したプレミアムフード

アカナ|パシフィカキャットは、太平洋で捕れたニシンやイワシなどの新鮮な天然魚を丸ごと使用して作られています。

青魚にはDHA・EPAというオメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、美しい毛並みや、健康的な身体を維持するのに最適ですよ!

原材料はすべてヒューマングレード、穀物・人工添加物不使用と、その安全性の高さも嬉しいポイントです。

低GI設計でダイエットにも最適

炭水化物には、穀物ではなく、低GIのグリーンピースやひよこ豆を使っています。

これらは血糖値の上昇を抑える効果があり、ダイエット中の猫ちゃんにもオススメですよ。

ただし、カロリーは高めなので、給与量はしっかり守りましょう!

アカナ公式ページを見る

4.クプレラ|ホリスティックグレインフリー

価格(税込) 2,754円/900g
主原料 魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)
タンパク質 31%
脂質 12%
カロリー 395kcal/100g
原産国 オーストラリア

食物アレルギーに配慮したナチュラルフード

クプレラ|ホリスティックグレインフリーは、アレルギーに敏感な猫ちゃんにオススメのナチュラルフードです。

猫ちゃんが消化しにくい穀物は完全不使用、さらに低アレルゲンな白身魚をメイン原料にすることで、猫ちゃんの食物アレルギーに配慮しています。

高タンパク・低脂肪で、子猫から老猫まで全ライフステージの猫ちゃんの健康的な身体づくりにぴったりですよ♪

プロバイオティクスでお腹の調子を整える

オーガニックのプロバイオティクスや必須アミノ酸を、調理後に非加熱で配合することで、胃腸へしっかり効果を届けられます。

プロバイオティクスは乳酸菌の一種で、便秘や下痢などの改善に効果があります。

お腹の調子が不安定な猫ちゃんにも試してもらいたいフードです!

クプレラ公式ページを見る

5.アーテミス|オソピュアグレインフリー|サーモン&ガルバンゾー

アーテミス

価格(税込) 4,365円/1.8kg
主原料 フレッシュサーモン、ドライサーモン
タンパク質 35%
脂質 18%
カロリー 374kcal/100g
原産国 アメリカ

生サーモンのオメガ3脂肪酸で美しい毛並みに

アーテミス|オソピュアレインフリーは主原料に生のサーモンとガルバンゾー豆(ひよこ豆)を使用したグレインフリーのキャットフードです。

サーモンは、消化吸収がよく、アレルギーのリスクが少ない原材料で、猫ちゃんの胃腸に負担がかかりません。

白身魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸には、血液をサラサラにする効果や、毛並みを美しく保つ効果があり、腎機能の低下してきた老猫にもおすすめです。

栄養価の高いガルバンゾー豆を使用

ガルバンゾー豆は、ビタミン・カルシウム・カリウムなどの栄養素を多く含み、豊富なタンパク質としても優秀な原材料です。

また、ガルバンゾー豆の豊富な食物繊維が、腸内環境を整えてくれます。

グレインフリーで話題のアーテミスの原材料や評価は?

グレインフリーで話題のアーテミスの原材料や評価は?

魚メインのキャットフード一覧表

おすすめ順 1位 2位 3位 4位 5位
商品画像 モグニャン オリジン アカナ アーテミス
商品名 モグニャン オリジン|6フィッシュキャット アカナ|パシフィカキャット クプレラ|ホリスティックグレインフリー アーテミス|オソピュアグレインフリー|サーモン&ガルバンゾー
価格 4,276円/1.5kg 6,804円/1.8kg 6,264円/1.8kg 2,754円/900g 4,365円/1.8kg
主原料 白身魚(63%) 新鮮丸ごとサーモン、ニシンなど 魚75%(ニシン、イワシ、アブラカレイ、タラ、シルバーヘイク、メバルなど) 魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ) フレッシュサーモン、ドライサーモン
タンパク質/脂質 30%/16% 42%/20% 37%/20% 31%/12% 35%/18%
カロリー(100gあたり) 365kcal 406kcal 408kcal 395kcal 374kcal
原産国 イギリス アメリカ カナダ オーストラリア アメリカ
商品リンク モグニャン オリジン アカナ クプレラ アーテミス

まとめ

今回は、魚をメインに使ったキャットフードのおすすめランキングを紹介しました。

魚肉は高タンパクでヘルシーなので、どの年齢の猫ちゃんにもおすすめできますよ(^^)

特に、アレルギーに敏感な猫ちゃんや、消化機能が衰えてくる老猫に、ぜひ試してほしいキャットフードです!

この記事を参考にして、愛猫ちゃんにピッタリの魚肉キャットフードを選んであげてくださいね♪

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにランク分けしました。

※随時更新中

-キャットフードの選び方

Copyright© キャットフードのABC , 2019 All Rights Reserved.